ブルースター☆デイズ

難聴の私が2.5舞台や日常を綴る物書き置き場です。思ったこと感じた事をここに残していきます。

観劇はハードルが高い…

2.5トークとして語るが、聴覚障がいを持ってる人たちを前提に書かせていただきたい。そして、字幕眼鏡や字幕ガイドのことも書く。

 

 

 

 

 

ぶっちゃけ言うと、聴覚障がいを持つ人達は、内心ドキドキしてる人が多いと思う。


舞台を、観劇を、観に行くのに「なんで聞こえないのに行くの?」と思われないかなって、意識過剰じゃないかなって、不安が募ってしまう人はいるんだろうなと思います。

 

観に行くのにドキドキする。

違う意味で緊張感が襲う。

 私もそうでした。補聴器を着けて行くんだけど、それでも絶対に聞き取れるというわけじゃないからです。過去に親に「聞こえないのになんで行くの?聞こえるの?」と言われたこともあります。(私はこれを言われて、地味にショック受けました)

 

観たいから行く

シンプルにそう答えるしかない。

好きだから、作品が気になるから、っていう気持ちもあるだろうし、好きな俳優さんが出るから演技を見に行きたい、という気持ちもあると思います。どの気持ちも間違いじゃないと思います。

 

きっと、誰にでもある気持ちではないのでしょうか。観たいと思ったら行く気持ちはみんなもそうじゃないのでしょうか。

 

聞こえるの?と言われると…聴力それぞれ、個人個人違うので、一括に言えないので省きます。

 

 

AiiA 2.5 Theater Tokyoは字幕眼鏡がレンタルできる。

ただ、外国語しか導入されていない。


当時はミュージカル刀剣乱舞の公演で字幕眼鏡のお知らせが入った時、字幕眼鏡があるからやったね!って言ってる人いたんだ。

でも後から「日本語がない」とわかった時のガッカリした人がとっても多かったです。私もその一人です。

日本語字幕が無かった。つらい。

 

日本語字幕はありそうで、無い…
やっぱり日本じゃ難しいんだろうな。

問い合わせはもちろんしました。アンケート用紙からも、メールからも、出しました。

 

一人だけの声では掻き消されるかもしれない。何人もの人が要望を出せば、声の力は大きい。声が大きければ大きいほど、伝わる、と信じてます。ただ、時間はかかるんだと思います。すぐには実現はしないのだろうなと。

(2017年の7月時点、字幕眼鏡に日本語字幕はまだ導入されていない。)

 

当時は日本語字幕を付けて欲しいといった要望は結構多かったみたいで、他の方からも同じような要望をたくさん頂いています、お伝えさせていただきますといった内容を公式さんからメールのお返事をいただいたことは忘れません。

 

字幕眼鏡ってどんな感じなのかまだ試してないんだけど…「英語が得意な人には嬉しいかもしれない」っていう感想を見かけたことあります。わ、私も英語が得意だったら…!と思ったけど…(苦笑)

 

 

日本語字幕が欲しいと言う気持ちは今でも変わらないです。

 

例えば…例えばですよ?

俳優さんや演出家さん、舞台関係者の方々が「字幕眼鏡に日本語を取り込んでください」と上層部やスポンサーに働きかけてくださらないかなぁと思う時がある。もちろんこれは、こちらの勝手な押し付けですし、無理を言ってるんだって事もわかってます。あくまでも、そういう働きかけがあったら実現への道のりも早まるんじゃないかって勝手に幻想を抱いてるだけなんです…私の場合は、ですね。

 

一般の人は手紙やアンケートで言い続けないと届かないんだって思ってます。それもわずかな希望をかけて、言葉を文字にして託す。今すぐには叶わなくても、いつかは叶うと思って。それが、遠い未来であっても、です。

 

歌舞伎の舞台では外国語だけではなく日本語も導入した字幕の機器システムなるもの「字幕ガイド」がある。台本チャンネルや解説まで入った字幕サービスが付いているそうなので…それを知った時は素晴らしいなと思った。

 

いつかは、2.5舞台にも、会場それぞれにそのような字幕機器システムが導入されないかなぁと思ったりする。Aiiaや銀河劇場とか。

 

字幕眼鏡に日本語字幕が導入されないのなら、字幕ガイド自体だって、夢はきっと遠いし、実現も遠いままだと思っている。


いつか叶う日がくる、そう信じてる。

そして1日でも早く、耳が聞こえない人達にとって「行きづらい」「楽しめるか不安」というハードルが下がりますように。

そして演劇の世界に触れて、好きになってほしいなと思います。

 

いろいろ書いておいて、失礼なことがあったら申し訳ないです。あくまでも難聴の一人として思った事を書き綴りました。ここまで読んでくれてありがとうございます。

この辺にしておきますね。