ブルースター☆デイズ

難聴の私が2.5舞台や日常を綴る物書き置き場です。思ったこと感じた事をここに残していきます。

2.5舞台を知るきっかけが刀剣乱舞だった。

はい。タイトルの通りです。

 

私は難聴で、これまで1回も2.5舞台とは無縁に過ごしてきました。そうとは言っても、2.5次元舞台は見た事がないだけで、演劇の世界に触れた事がないわけではないのです。

幼い頃、四季劇団のCATや、ミュージカル「アニー」を観たことがあります。また、宝塚のベルサイユのばらを観たことがあります。宝塚の(略して)ベルばら は2.5次元として捉えていいのかわかってないんだけど…どうでしょう?

 

成人してからはあまり観なくなったような…。とにかく、演劇は私にとっては夢のような世界です。(笑)

 

ある時、ツイッターをしていたら、TLがザワザワとしていたんだよね。何事かと思えば「トライアル公演」「刀剣乱舞が2.5舞台化」と気になるキーワードが並んでいたっけ。

 

なんだこりゃ??( ´_`)oO

 2.5次元って、実写化なのか?俳優さんがコスプレ?していくの?演じるの?

…これが最初の感想でした。

 

よく考えてみたら、友人が「テニスの王子様」という作品にハマってて、その2.5次元舞台がやばすぎるんだよ!!って騒いでた事を思い出す。

 

あの2.5なのか?と。

私はこの時、刀剣乱舞にハマっていたので、より一層気になっていたし、2.5?トライアル公演?いったい何なんだ?と目を引いた思い出がある。トライアル公演は、お試しだったんですよね。たしか。

 

当時は興味津々で行く人、刀剣乱舞が好きな人、このキャラクターが好きな人、俳優さんのファンな人、と、様々な理由でトライアル公演を観にいかれた方々がいましたよね。私はトライアル公演には興味がなかったのですが、行った人たちのレポートが続々「やばい、泣いた」「話が良かった」「辛かった」と綴るものだから、初めて興味を持った。 それからして、トライアル公演の動画配信を購入し観た。

今思えば、2.5へ踏み入る最初のスタートだったんだと思う。

 

本音を言うと、加州清光というキャラクターが好きだったので、2.5ではどんなものかなと思ったんだけど…あまりにも衝撃を受けた。雷が頭に落ちる感じ。

 

動いてるー…喋ってるー…なりきってるー…と思ったが、それどころじゃない。加州清光の他に今剣、岩融、石切丸、三日月宗近と、揃って出てくる上に歴史修正なんたらの敵も出てきて、面白かった記憶がある。

 

一番衝撃だったのが、みんな、肌がトゥルントゥルン…なんでそんな綺麗なの?なんで?って思ったこと。俳優さんだから??

私、女性なんだけど負けてる!!って思いました。すごくびっくりしたんです、個人的に。

 

そして、ミュージカルだったこともあり、歌が流れたり、踊ったりするのは新しいなと思ったりもしました。本当にワクワクした。なのに、話の構成が思いのほかに良かったからポロポロ泣けた。自分は難聴なので、ヘッドホン着用してボリューム上げてセリフを聞くだけじゃなく、事前に観に行かれた方々のレポートを読み漁っていたので話のあらすじ、見どころのポイント、セリフを暗記していたので、すんなり全体的な話を掴めたんだと思う。

 

ここで私は思った。

「…耳が聞こえないけど、次の本公演があったら観に行きたい!!!!」

 

 

こうして私は本公演へのチケット抽選に応募したところ、見事に当選し、始めて生で観にいくことになりました。その時に2.5の聖地がAiiA 2.5 Theater Tokyoということを知ります(笑)当時はそう聞いたんだけど…合ってますか?認識としてはあってますかね?!

 

違ってたらすみません(土下座

 

ここまでにしますね